「ゆるーく」がキーワード。 がさつなくせに手作り好き。弱いくせにお酒好き。さぼり屋のくせに仕事も子育てもしてるよくわからない毎日。


by bochibochiamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
たびたびraverlyでテストニットをさせて頂いているデザイナーのyukiさん。
以前も大変ラフなご紹介(汗)をさせていただいたかと思いますが、主にカウルやショールのデザインをされておられます。
編んだものをいくつかご紹介。
Embracing Japarta (たたみじわが!すみません)
f0285710_9133660.jpg



Bush Plum 2
f0285710_9203626.jpg


よい写真でなくて申し訳ない!
他にも、今までご紹介してきた作品がいくつかありますが、操作がうまくできず。。。

Yukiさんは、オーストラリア国立大学でアボリジニ(先住民族)の研究をしておられた弟さんを癌で亡くされ、弟さんの業績を伝える活動と共に、学生のための奨学金基金も設立しておられます。詳しくはこちら→
raverlyでは編み物を通じてパターンの売上を基金に寄付するという活動をしておられます。
(リンクに挑戦していますが、失敗していたらごめんなさい。)

前置きが長くなりました。

さて、この9月20日より10月25日まで、yukiさん主催のraverly内でのイベントとして”Knit-A-Thon 2014”が開催されます。→
これは、期間中にyukiさんのパターンを(有料、無料とも)編まれた方の、編んだ糸の長さに応じて基金のスポンサーやyukiさんが基金に寄付をするというものです。
私は、昨年のイベントには参加しておらず、その後のテストニットでyukiさんのパターンに出会いましたので、今年が初参加です。デザインが気にいったEmbracing Japrta↑を編もうと思っています。あと、時間があればカウルもいいなと思案中。




yukiさんのデザインは、初心者でも編みやすい表目と裏目で構成されたものが多く、比較的短時間で編むことができます。興味のある方は是非のぞいてみてください!

というわけで、9月20日までに仕上げようともくろんでいるショール。
Fanciful
f0285710_1052835.jpg



糸はApple Tree Knits さんのPure Lace。最初Fingeringが来たのか、と思ったくらい太めのふんわりしたレースヤーンです。マラブリゴよりも太い感触ですので、編みやすいと思います。グラデーションの最後はもっと赤いのですが、写真の色悪し。
最後にラッフルが来るので糸を使いきれるように調整できるのではないか、と期待しているのですが、糸半分ほどで早くも最後のチャートに突入してしまいました。(昨晩酔っぱらって間違えてほどいたため、糸玉が不細工なことになっています。。。)
最後の模様を増やしてみようと考えています。

今日はすっごく久しぶりに野球観戦です。甲子園。阪神ー広島。
関西人ですが、小学生から「近鉄バッファローズ」のファンです。近鉄がなくなってから今一つ野球に興味が持てなくなっているのですが(個人的には、オリックスも楽天も「近鉄」とはちょっと違うのです。。。)、友人家族と行ってまいります!
[PR]
# by bochibochiamu | 2014-09-14 10:15 | 編み物

あっという間に9月。

気がつけば1ヶ月近くたってしまいました。
その間に編んだもの。
プレゼント用のGolden Hazel.
f0285710_15265597.jpg

思ったより地味な出来上がりになってしまいましたが、パターンはドングリのようなコロコロした模様がかわいいです。同じ模様編みを3段繰り返してエジングのレースを編みますので、一つ模様を覚えればあとは進みが早いです。もう一枚もう少し明るい秋色で編んでみようかな。

それから2枚目のOff the walk with Charlotte.
やっぱりラッフルを全周編みましたが、長かった。
f0285710_15282236.jpg


プレゼントの予定が色々出てきて、自分のものがなかなか進みませんが、ぼちぼち進めたいと思います。

9月20日からは、私が参加しているRaverlyのグループのイベントが一つ始まります。
どなたでも参加できるので、次の更新でご紹介したいと思います。
[PR]
# by bochibochiamu | 2014-09-12 15:38 | 編み物

お盆のレースショール。

お盆休みは荒れ模様のお天気が続き、結局何もせずに終わってしまいました。
久しぶりにレースのショール、ずっと編みたかったElizabeth Shawlをついに編みました。
f0285710_14141089.jpg


糸はお気に入りのEden Cottage Yarns, Pegasus lace。
色はちょこままとしては珍しい系統ですが、fuschiaです。raverlyでtosh laceの tartを使用した写真がとても素敵で、どうしても1枚目は赤系で編んでみたかったのです。
fuschia, 派手なローズピンクかと思っていて完全にギフト用のつもりだったのですが、編んでみるとむしろワイン色に近い落ち着きが感じられて、結構気に入りました。写真よりもう少し赤味がかって、差し色にはとてもいい感じです。


すっごく伸びますのでブロッキングはエッジを整える程度。でも結構大きくなって家では全体写真を撮るのに苦労しました(狭)
というわけで仕事場で写真を撮ってみました。なんだか殺風景。。。
f0285710_14202448.jpg


模様が次々に変わりますので、飽きずにどんどん編めます。
もう少しメリヤスが詰まった感じの方が模様がはっきり出るパターンかなと思います。
また編むんだったら針のサイズを落とすか、糸を太めにしようかな。

次に編むものは決まっていて、cold mountainのkalに参加します。
以前リネンで編みましたが、編みやすくて気に入ったデザインでしたので今度は冬糸で。
またPegasus laceを使います。(ほんとお気に入りなんですよ。)
糸が細めなので、幅広になるように模様を増やしてゆっくり編もうと思っています。
[PR]
# by bochibochiamu | 2014-08-18 14:36 | 編み物
女優ショールはせっせと編んで無事に完成。
f0285710_1620313.jpg

縮絨で縮むと思って、思い切ってゆるく編んでみました。
およそ180㎝まで編んで模様が17リピート。ほぼ2玉使いました。
洗ってみたところ、思ったより縮みませんでした。
が、とてもふわふわになりました。

MEILIのベージュは、どちらかといえば薄―いこげ茶といったところ。写真では白っぽく写っていますが、もっと濃いです。いわゆるベージュとは少しイメージが違って、ちょっとカジュアルな感じです。
これはこれで使い勝手がよさそうですが、今度編むとしたら、モヘヤとか、明るい色とかでちょっと雰囲気を変えてもいいかな、と思います。

パターンは難しくなくてすぐ覚えられますので、とにかくちょっとの時間にでも進めることができます。


で、レースに行くはずだったのですが、なんだかやっぱり慌ただしくて、結局プレーンなショールに寄り道してしまいました。今度はラッフルショールです。
Off for a walk with Charlotte
f0285710_1630431.jpg


これも今更なのですが、数年前、イギリスのキャサリン妃が、ご成婚当時お買い物に行かれる時に羽織っていたショールが話題になっていて、ラッフルショールのデザインが色々出ていたのですね。当時はまだraverlyを知らなかったので、今ごろ発見してしまいました。
colourmartの4ply(細めの中細か、合細といった感じの太さ)に合いそうなデザインで編んでみました。
見えにくい写真ですが、本体には6段ごとに模様編みが入っているので飽きずに編むことができます。

ラッフルショールといっても、ショートロー(引き返し編み)を使ってラッフルを同時に編みながら進めるデザイン(横に編んでいくイメージです)と、本体を編んでからラッフルを編むデザインとがありますね。
今回は、三角の本体を編んでからぐるっとラッフルを編むデザインです。

ラッフルのショールを編むときには、思ったよりラッフルに糸を使うので、どこで本体をストップしようか迷います。こちらのショールは、150gコーンのおよそ4割弱をラッフルに使いました。
で、とにかく、ラッフルが果てしない!!
ぐるっとラッフルで囲むのではなくて、ショールの裾部分(三角の2辺)のみラッフルという手もあるなあと思いました。
ここは糸の量とショール本体の大きさと、そして根気と相談して決めるところですね。

出来上がりですが、薄すぎず厚すぎない編地でラッフルもフリフリし過ぎず、羽織っても首に巻いてもよいボリュームです。メリヤス主体で素材によって出来映えが変わりそうです。今回はカシミア10%ウール90%、洗うとふわっとよい手触りになりました。
パターンを見ていますと色々な太さの糸で編めるようで、たとえばfingeringやDKだったらもっと早く編めるかと思います。
こちらもすきま時間にちょこちょこ編むことが可能です。

さて、いつになったら腰を据えてチャート見ながら編めるのかな。。。
[PR]
# by bochibochiamu | 2014-08-11 17:01 | 編み物
Dream Stripesを編み終え、何を編もうか夜考えました。
中細より細い糸で。。。覚えられるパターンで。。。めんどくさいので巻いてある糸で。。。
というわけで、「女優ショール」で有名なReversible Cabled-rib Shawl、これまた有名なMeiliで始めました。

このパターンは、昔にシルクハセガワさんのセイカ・コンテストですごく素敵なものを拝見して、「いつか編もう」と本も買っていたもの。気づけばすごく有名になっていましたね。
先日片づけをしていて久しぶりにこの本をパラパラして、そういえば編んでないなあ、、、なんて考えておりましたので、そのあたり頭に引っかかっていたのでしょうね。
セイカもあるのですが、モヘアの季節ではないなあ、と結局Meiliを使うことに。
f0285710_8321636.jpg


パターン通りの目数でザクザク編んでいますので進みは早いです。
ただ、次の日起きて気づきました。
。。。グレーのつもりがベージュで編んでるやん、私(汗)
やっぱり眠かったんやね。。。

とはいえ、とりあえずザクザク仕上げようと思います。
f0285710_8342457.jpg

まだ1玉目が終わっていません。2玉使い切ると長すぎるかな。。。
そろそろレース模様が恋しくなってきましたので、次はレースかな。
葉っぱショールがもう少し残っているので、こちらも頑張らないとね。
[PR]
# by bochibochiamu | 2014-07-23 08:36 | 編み物